自動車用ガラスコーティング剤(常温硬化型)解説書:GlassCoat-proの詳細スペック

文字 文字

サイトマップ

ガラスコーティング剤【GlassCoat-pro】詳細スペック

■低分子(モノマー)、中分子(オリゴマー)とフッ素バインダーをミックス

従来からあるガラスコーティングの基礎原料のアルコキシシランは、分子量約1,000以下の低分子(モノマー)の物質で、低分子のものが数多く反応・縮合することによって分子量約10,000以上の高分子(ポリマー)になります。
グラスコートプロはモノマーだけではなく、独自技術のオリゴマー化したシラン(分子量約1,000~10,000)も組み込んであります。
これにより、硬化時間の短縮オリゴマーの分子配列をコントロールしてより滑らかで強靭な硬化表面を得ることができます。

シロキサン結合

耐紫外線性能のほか、耐油性・耐薬品性・耐熱性・耐酸性に優れ水垢をほとんど寄せ付けません。
普段のお手入れも手洗い洗車をして頂くだけで、通常の汚れは簡単に落とすことができます。
高純度のシロキサン結合(-Si-O-Si-)にフッ素バインダーを定着させることで、高硬度で極めの細かい完全無機質な高分子ガラス被膜を形成します。
ここでは雨水が輪ジミになりにくい滑水性能を持たせています。

■スペック表

GlassCoat-pro ケイ素系や低分子シラン系
コート剤
ワックスやポリマー系コート剤
主な主成分 ポリオルガノシロキサン、
パーフルオロアルキルシラン
二酸化ケイ素、
アルコキシシラン等
カルナバロウ、
変性シリコン、
珪素系樹脂
配合量 95~98%以上 約0.1~30% 約1~5%
有機溶剤の有無 無溶剤 有機溶剤又は水が主成分 有機溶剤が主成分
耐久性 1年~5年 約3ヶ月~12ヶ月 約1ヶ月~3ヶ月
硬化に要する時間 24時間~48時間 低分子のシランのみで硬化に約2週間 水に弱く完全には硬化しない
水の弾き方 滑水性(輪ジミになりにくい弱撥水)、新型は超撥水 親水から強い撥水まで様々 強い撥水(輪ジミになりやすい)


[次項]ワックスやポリマーの解説ページを見る

↑ PAGE TOP