ヘッドライトの表面を研磨しようとしているあなた!ちょっとまったぁ!!

黄ばみ除去効果 黄ばみ除去効果

サイトマップ

そのヘッドライト、本当にポリッシャー掛けが必要ですか?

■むやみに表面のハートコートを剥がしてはいけません■

街の整備工場、中古車販売店、ディラーや鈑金塗装店などエンドユーザーを仕事柄よく訪問していますが、ヘッドライトをポリッシャーで研磨したことのある方に話を伺うと、100人に4,5人はポリッシャー作業でヘッドライトを割ってしまったり、ヒビを入れてしまったりした経験がありました。
はたしてその内、仕事上どうしても研磨しなければならなかったのでしょうか?
現場の人に話を伺うと、ヘッドライトクリーニングの対価としての施工料金をきちんともらえていない事業所があまりにも多いことでした。
仕事における「ヘッドライトをきれいにする」、「黄ばみを除去する」目的は、前項でも触れてきましたが研磨を必要としないレベルは全体需要の60%も占めている車検に合格するため、施工料金をほとんどいただけないサービス施工です。
過剰サービスで余計な人件費や割ってしまった時の弁償費用はできるだけ回避したいものですね。
以上の理由などから、研磨剤の入っていないヘッドライト黄ばみ除去剤はすでに現場では定番化がかなり進んできました。まだ導入していない事業所様などありましたら早めの導入をお勧めいたします。作業自体手掛けで2、3分で終わってしまうので夏場の作業がほんとに楽ですよ。既に10,000本突破。売れてます。

↑ PAGE TOP