グラフ

今までのヘッドライトの黄ばみ取りとの比較



研磨剤が入っていないということで安心できます。

40代男性


"6年経過した車のヘッドライトが白っぽくなっていました。

プロ仕様というこの商品を使って施工してみました。

溶液をつけて布でちょっとだけ擦るだけで曇りが除去できました。

研磨剤が入っていないということで安心できます。

後は耐久性がどうかですね。"


なので

1〜2分の施工時間で、手間を掛けない!

表面を磨かない!

言われなければ左右の差は分からない位になりました

30代男性


"事故により、片方のライトが新しく片方が10年使用の物なので、左右の色違いが気になっていました。コンパウンド系はあまり良くないとの事で、こちらの商品はノーコンパウンドとの事で選んでみました。使ってみたところ、黄ばみが面白い様に落ち、言われなければ左右の差は分かららない位になりました。"

試してみる価値大です

40代男性


"安価で簡単施工、費用対効果抜群の商品です。ショップで施工してみる前に、試してみる価値大です。"

ピカピカになりました!

20代男性


"ピカピカになりました!

ありがとうございました!"

よくある質問

黄ばみを除去したあと、再び黄ばむまでの期間は?

ライトの下地が荒れていると、1〜2ヶ月で再び発生いたします。

対策 硬化型のガラスコーティング剤で表面保護をすると再発

期間が延び、また表面のクリア度が大幅にアップします。

コーティング処理をしたあと、再び黄ばんできたら?

表面だけの軽度の黄ばみがほとんどですが、黄ばみ取りで再度

除去してください。

特徴まとめ

  • 面倒なポリッシャー掛け作業不要なので個人の方でも簡単に施工できます。  灼熱地獄の真夏でもラクラク作業!
  •   
  • 時短で大幅人件費削減施工料金を取りにくいサービス施工にピッタリ合致します。
  •   
  • 下地をキズつけないメリット一度でもペーパー掛けやコンパンド掛けをしてしまうと、 より早く黄ばんでしまいます。 多少下地のコート層がはがれていても、剥がさないほうが安心です。

現場の事業者側の立場から見ると、そもそもヘッドライトの黄ばみを落とす目的は車検に合格させること、中古車の展示車両の見た目を良くするといったサービス的な要素がほとんどで、全体需要の90%以上を占めています。 不必要なコストを掛けたサービスは不要で、いかに手間をかけず、短時間で作業できるかが大切です。

ヘッドライト黄ばみ取りのご購入はこちら

単品商品

硬化型ヘッドライトコーティングとのセット品